炭水化物に要注意

炭水化物がキャットフードに多く含まれているのも問題です。そもそもキャットフードに配合されている材料によって、栄養バランスが保たれていきます。それが毛並みであったり艶に対しても影響を与えます。

キャットフードの主立った栄養は5つあります。タンパク質や脂質、ミネラルや炭水化物、そしてビタミンといったものです。しかし中には炭水化物が多く配合されているキャットフードもあります。これが毛並や毛艶に悪影響をもたらします。原材料が穀物となっているキャットフードは炭水化物が多く配合されているため、トウモロコシであったり小麦などを多用しているキャットフードは避けるようにしましょう。

炭水化物の割合が多くなっているキャットフードは、他にもメインの栄養素であるタンパク質の比率が少なくなっていることがあります。タンパク質というのは毛並みであったり艶に効果をもたらしますので、どうしても必要です。皮膚や被毛について健康を維持させていくのに欠かせませんので、極力タンパク質を多く含むキャットフードを選択してあげるようにしましょう。他にも必須となる脂肪酸によって、毛並や艶が良くなっていきます。無添加のキャットフードなどを選んでいく以外にも、必須脂肪酸を含んでいるキャットフードを選ぶことが重要です。