原材料を確認する

合成着色料であったり香料、さらには酸化防止剤などといった添加物が、キャットフードに含まれている場合は有害なものでしかありません。猫に与えているようであれば、すぐにでも止めたほうがいいでしょう。キャットフードに含まれている着色料というのは、決して猫に対して効果的な栄養にはなりません。また香料や酸化防止剤も栄養には決してなりませんので、キャットフード選びには注意しなければなりません。

添加物をみていくと、猫の美しい毛並みであったり艶を悪くしていくことがあります。添加物というのは猫の体内において毒素となっていき、毒素が便以外で皮膚より排出していくことがあります。しかし排出過程において、徐々に猫の皮膚の状態を悪化させていったり、被毛の健康も損なわれていきます。これが毛並や艶に関するトラブルへと発展します。

キャットフードを選ぶ時には無駄な合成着色料であったり、香料や酸化防止剤が多く添加しているキャットフードは避けなければなりません。無添加となっているキャットフードを極力選んでいくようにしていきましょう。多少なり野菜などが入っているキャットフードを選択することも重要ですが、ドライタイプだと毛並みの改善にも活かすことができるでしょう。

参照サイト⇒https://www.canagancatfood.co.jp/